データチェックについて

入稿データは完全データ入稿でお願いいたします

入稿される前に、下記チェックリストをご確認ください。

完全データとは

完全データとは、弊社にて修正の必要のない印刷に適した完成されたデータの事です。

データチェックとは

データ入稿後、弊社にて印刷可能なデータ形式になっているか・塗り足し・トンボなどの設定はされているか・公序良俗に反するものや著作権を侵害する恐れのあるものでないかなどの、チェックをさせていただきます。
※尚、弊社にて文字校正及びデータの訂正(修正)は行いません。入稿されたデータが印刷工程上での不具合がある場合には、その旨をご連絡させていただき、お客様ご自身の責任の下で修正を行っていただきますのでご了承ください。

フォントは全てアウトライン化されていますか?

文字はパソコン環境によってインストールされているフォントが様々なため、必ずアウトライン化を行いご入稿してください。アウトライン化しないまま別のパソコンで開いた場合、初期設定されているフォントや、近いタイプのフォントでファイルを開いてしまうので、全く違う書体で表示されてしまいます。

※文字のアウトライン作成後は文字の修正ができなくなります。アウトライン作成前の段階のファイルを別名で保存することをお勧め致します。

outline
outline

アウトラインの作成方法

レイヤー・オブジェクト共に全てのロックを外します。
「オブジェクト」メニュー→「すべてをロック解除」

アウトライン化したい文字を選択します。
「選択」メニューから「すべてを選択」(Ctrl+A)→「書式」または「文字」メニューから「アウトラインを作成」(Ctrl+Shift+O)

選択されている文字の輪郭が上図のようにパスに変換されます。
これでアウトラインの作成は完了です。

▲ページのトップへ戻る

リンク画像やドキュメントなど必要なデータが揃ってますか?

IllustratorやIndesign などで画像データが配置されている場合、画像を埋め込みされていなければリンクが切れてしまい、画像が抜けた状態で印刷されてしまいます。配置画像は「リンク」「埋め込み」どちらの状態でもご入稿いただけますが、Illustratorでは「埋め込み」をお勧めいたします。 画像をリンクさせてご入稿される場合は、必ずIllustratorファイルと配置した元画像を1つのフォルダにまとめてご入稿ください。

IndesignやQuarkではパッケージ機能(ファイル収集機能)を使用して保存してください。(配置画像など自動で収集しフォルダーにまとめます)

▲ページのトップへ戻る

カラーモードはCMYKになっていますか?

印刷・出力のカラーモードは、CMYKでお願いします。RGBで色を設定された場合、イメージされた色と大きく異なった色で出力されてしまいますので、カラーモードは必ずCMYKにして入稿してください。

Illustratorの場合

「ファイル」→「ドキュメント」の「カラーモード」→「CMYKカラー」

cmyk_Illustrator

Photoshopの場合

「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」

cmyk_Photoshop

※データ作成途中でカラーモードをRGB→CMYKに変換された場合、印刷の際に意図しない色味となり一般的にくすんだ色合いになってしまいますのでご注意ください。

▲ページのトップへ戻る

保存の形式は適したものになっていますか?

ご選択頂いた商品、アプリケーションやバージョンによって最適な保存形式は変わりますが、Illustratorではアプリケーション(フォントアウトライン、画像を埋め込み)形式、IndesignやQuarkXpressではPDF入稿(PDF/X-4形式または高品質印刷設定)を推奨致します。

▲ページのトップへ戻る

トンボ( トリムマーク) はついてますか?

トンボは印刷の仕上りサイズ、塗り足し部分を正確に伝えるために必要なものです。印刷過程においても色を合わせるために必ず必要なものになりますので、Illustratorで作成する場合、必ずトンボをつけて作成してください。トンボは以下の方法で作成してください。(弊社テンプレートをご使用の場合は不要です。)

トンボ( トリムマーク) 1
トンボ( トリムマーク) 2

トンボ( トリムマーク) の作成方法

長方形ツールを使用して、仕上りサイズの長方形(四角)を作成してください。場所はどこでも構いません。(例では100mm×148mmの長方形の印刷物です。)

トンボ( トリムマーク) 3

作成した長方形の塗りと線のカラーを「なし」にします。線幅があると正しいサイズでトンボが作成されません。

トンボ( トリムマーク) 4

作成した長方形を選択した状態で、フィルタメニューから「クリエイト」→「トリムマーク」を選択してください。

※オブジェクトメニューからトンボを作成すると、トンボが印刷されない場合があります。必ず「トリムマーク」から作成してください。

トンボ( トリムマーク) 5

左図のようなトンボが作成され、完了となります。

※トンボはCMYK全ての版に100%(レジストレーション)、モノクロ印刷の場合はK100%にカラー設定してください。

▲ページのトップへ戻る

塗り足しはありますか?

写真やオブジェクトが仕上がりサイズまでくる場合、微妙な用紙のズレや断裁時のズレにより白場が見えてしまう事があります。それを防ぐため、仕上がりのサイズより外側に上下左右3mm程、余分に写真やオブジェクトの幅を広げておく必要があります。この部分を「塗り足し」といいます。データ作成時には必ず「塗り足し」をつけて作成してください。

塗り足し 1

※断裁時の僅かな位置ズレにより、印刷仕上り範囲付近にある文字やデザインは切れてしまう可能性がございます。切れては困る文字やデザインは印刷仕上り範囲より2〜3mm程内側で作成してください。

塗り足し 2

※断裁時の僅かな位置ズレにより、仕上がりと相似した罫線囲み(枠)をデザインされた場合、フチの余白は均等にならない場合がございます。

塗り足し 3

▲ページのトップへ戻る

画像は適正な解像度になっていますか?

一般的には印刷物に使用する画像は350dpi程度であれば十分とされています。
解像度が低くなると、印刷物の画質も比例して粗くなり、解像度を必要以上に高くしても印刷物の画質向上はほとんど無いにも関わらずデータ容量が肥大化し、編集・出力に影響を及ぼします。これらの理由から、画質と作業効率の両立をさせる為に、解像度は350dpi前後にするのが理想的とされています。

解像度 1
解像度 2

画像解像度の設定方法

Photoshopイメージ→画像解像度を選択して現在の写真の解像度を確認します。
現在の解像度が72pixel/inchなので、画像の再サンプルの項目のチェックを外して解像度を350pixel/inchに変更すると、印刷データとして使用できる画像のサイズに幅と高さが修正されます。
※デジカメやスキャナー等の画像データは、通常70pixel/inch(単位)です。

入稿データの圧縮について

作成したデータを直接入稿しますと、通信環境によってデータが壊れる事があります。
複数データ(リンク画像等)がある場合は、必ず1つのフォルダにまとめて圧縮したデータをご入稿いただきますよう、よろしくお願いいたします。

再入稿をご希望される場合

1度入稿すると、自動的にロックがかかるシステムになっております。
データの差し替えを希望する場合は、マイページ>購入履歴詳細から該当の注文の詳細画面にあります「入稿ロック解除ボタン」を押してください。入稿いただいたデータを破棄し、再度データをご入稿いただけるようになります。または、弊社カスタマーサポートまでご連絡下さい。
また、お客様自身でデータの修正が困難な場合、データ修正サービス(有料)をご用意しておりますので、是非ご検討ください。

0120-132-768 info@printbiz.jp e-mail