イベントにはP.P.製クリアホルダー印刷

夜8時までに受注確定で最短7日後発送

ホワイト印刷で画像の透けを軽減
P.P.製クリアホルダー印刷!

P.P.製クリアホルダー印刷の3つの強み
P.P.製クリアホルダー印刷
*}-->

プリントビズのP.P.製クリアホルダー印刷

A4サイズのドキュメントをスマートに収納できる220mm×310mmのP.P.製クリアホルダー印刷。フルカラー印刷に加えホワイトインキの出力にも対応しており、クリアホルダーならではの透明部分を活かしたデザインが可能。P.P.ならではの質感で、写真を大きく扱ったデザインが映えます。販促イベントでの資料配布、ノベルティ、社内での文書保存と様々な用途にお使いいただけます。


P.P.製クリアホルダー印刷を
ご検討のお客様へ!

印刷のプリントビズからの
オススメポイント!

P.P.製クリアホルダー印刷はどんな時に活用するの?

新商品の発表イベントで、カタログやリーフレットを。コンベンションでプレゼン資料を。何かをリリースする機会に、関連文書の配布は必須ですね。人の集まる場所での会場演出やパフォーマンスは、人の心を掴むために重要です。ですが、その場限りで終わらず、持ち帰って冷静に検討していただくためのドキュメントも同じくらい重要。そして、その配布方法も重要です。会社のロゴを印刷した封筒を使うのは、もう古い印象。美しくデザインされたP.P.製クリアホルダー印刷を活用し、受け取りたくなるものに。また最近はメディア連動のノベルティでもクリアホルダーが人気です。受け取った後も活用できる実用性が人気の理由でしょうか。製造コストがかかりそうな印象かもしれませんが、プリントビズでは個人のショップでも制作できる価格で小ロットから承っております。少子化で優秀な人材の確保が困難になる傾向が強まる昨今、リクルート資料も封筒で配布するようでは若い人に見向きもされないかも。様々なシーンで洗練されたドキュメントが必要な時代ですから、今後ますますP.P.製クリアホルダーの重要が高まると思われます。競合より先に、今お試しください。

P.P.製クリアホルダー印刷に最適な用紙の選び方

P.P.製クリアホルダー印刷に用意しています用紙は、P.P.すなわちポリプロピレンです。合成樹脂素材で、美しい透明性と水や汚れに強い特性があります。薬品耐性にも優れ、ドキュメントを美しく保存できます。丈夫でありながら軽くかさ張らないので配布する側も受け取る側もスマート。ギュウギュウのカバンに入れてもホルダー自体も中のドキュメントも折れたり曲がったりといった心配がありません。ホルダーには切り欠きが設けてあり開き易く、ドキュメントの出し入れがスムース。透明であることも大きな特徴です。フルカラー印刷に対応することは勿論、半透明の部分を活かすデザインも可能です。中のドキュメントの一部が透けて見えるデザインなど、表現の幅が大きく広がります。またホワイトインクを効果的に使い、たとえばドキュメントは黒で統一しホルダーには白い文字だけを、といったクールな演出も。通常の用紙では不可能なデザインにトライできます。

 

P.P.製クリアホルダー印刷をご注文いただいたお客様の声

K様

K様

効果を重視

 

学習塾を経営しており、通学ルートで資料配布のため。最近まで封筒で資料を配っていたがP.P.製クリアホルダーに替えてから配布の効率が向上。よく受け取ってくれる。単純なコストの比較よりも受け取り率のアップが肝心。効果を感じる。


M様

M様

業務酒販店で販促に

 

業務用酒販店なんですけど、新商品が出てもちゃんとした資料が揃わないことがあって、こちらで準備することがあります。お店さんに配るのに商品のボトルの写真を撮ってデザインしたクリアホルダー使ってます。反応は良いですね。チラシ一枚だと、あんまり相手にされませんもん。それなりのもがないと。


M様

M様

中小ですがちゃんとしたものを

 

問屋、小売店様に新商品をアナウンスする際にクリアホルダー利用してます。まず印象が違います。パンフレット折って白封筒で配る時代じゃないですよね。

大手に負けないプレゼンは大きい課題です。その意味で有力なツールですね。



P.P.製クリアホルダー印刷

夜8時までに受注確定で最短7日後発送

ホワイト印刷で画像の透けを軽減
P.P.製クリアホルダー印刷

P.P.製クリアホルダー印刷の3つの強み
P.P.製クリアホルダー印刷