ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

電Book

Microsoft Officeデータ作成時の注意点Microsoft Officeは本来、印刷用データを作成する為に作られたソフトではないためOfficeデータから印刷物を作成する際、元のOfficeデータでのイメージと印刷物の仕上がりイメージが変わることがございます。データ作成・ご入稿の際はご注意下さい。Officeデータご入稿形態お客様からご入稿いただいたデータがOfficeデータの時、弊社では無料でPDFデータに変換をしております。Officeデータでのご入稿もお受けしておりますが、弊社ではPDFデータ形式でのご入稿をオススメしております。オススメ!PDF入稿による3大メリット!オフィスデータの注意点●データトラブル減少!弊社でPDFデータへ変換をする際、お客様と弊社のパソコン環境の違いにより、体裁が崩れたり違う書体に置き換わってしまう可能性があります。PDFデータでは、体裁崩れや書体の置き換わりという問題が大幅に軽減されます。※フォントによっては埋め込まれない場合がございます。ご注意下さい。●データ容量が軽くなります!OfficeデータとPDFデータでは、データ容量が異なります。PDFに変換する事によって、適度なサイズまで圧縮されるのでファイルサイズが小さくなります。特にページ数の多いデータはファイルサイズがより小さくなり、データ送信時間が短縮されます。●プレビューPDFをいち早くお届け!ご入稿の時点でお客様にPDF入稿して頂く事により、印刷用にデータ変換する際のトラブルが発生しにくくなるため、お客様にいち早くプレビューPDFをお届けする事が出来ます。詳しくは15ページへ!是非お試し下さい!ネイティブデータでの入稿Microsoft Officeデータ(Word・Excel・Powerpoint)でのご入稿も承っております。WordやExcelなどのOfficeデータをそのままご入稿下さい。※フォントがご用意出来ない場合や、パソコン環境の違い等でレイアウトが崩れたり、一部出力されない場合がございます。ご了承いただくか、PDF形式のご入稿をお願いする場合がございます。12