ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

電Book

データ入稿時の注意点ご入稿は「完全データ」にてお願いいたします。完全データとは、弊社にて修正の必要の無い、印刷に適した完成されたデータの事を指します。※弊社にてデータの修正を行う場合は別途料金が追加となります。詳しくはwebサイトの「データ修正サービス」をご覧ください。データ作成やご入稿に関しては、弊社WEBサイトの「ご利用ガイド」の「データ作成の注意点」をご覧ください。データチェックについてデータ入稿後、弊社にて印刷可能なデータ形式になっているか、塗り足し・トンボなどの設定はされているか、公序良俗に反するものや著作権を侵害する恐れのあるものでないか、などのチェックをさせていただきます。ご入稿いただく前に必ずWEBサイトの「データチェックについて」をご参照ください。データ作成上のご注意切れては困る文字や線などは仕上がりより、2mm~3mm中に配置塗りたし(裁ち落とし)天地左右に各3mm仕上がりと相似した罫線囲み(枠)をデザインされた場合は、断裁ズレによってフチの余白は均等にはなりません。塗りたし(裁ち落とし)印刷物の端部分に写真等のオブジェクトがかかっているデザイン(プリンターでいう「ふち無しプリント」状態)の場合、断裁機の僅かな位置ズレにより白場が見えてしまう現象を防ぐ為に、仕上がりサイズの外側(断ち落としと呼びます)に3mm、わざとはみ出すようにデザインを配置します。これを塗り足しと言い、仕上がりサイズの端まで印刷するデザインでは必ず必要なものです。断裁機の僅かな位置ズレにより、印刷仕上り範囲付近にある文字やデザインは切れてしまう可能性がございます。切れては困る文字やデザインは印刷仕上り範囲より2~3mm程内側で作成して下さい。また、仕上がりと相似した罫線(枠)囲みのデザインの場合、罫線(枠)から仕上がりまでの余白が均等でない場合があります。データ入稿時の注意点黒色のオブジェクトカラーの印刷物を作る時、紙の伸縮等により各色の位置が合わない現象が起こります。これを見当ズレと呼びます。見当ズレを防ぐ為には、背景の色も印刷し、黒インキも重ねて印刷するようにします。これを「墨ノセ」もしくは「ブラックオーバープリント」といいます。その際、インキは半透明ですので、面積のある黒オブジェクトのバックの図柄が透けて見える場合があります。その場合、リッチブラック(C=40%、M=40%,Y=40%,K=100%)といわれる黒に設定するか、K以外の色を少し濁らす(Yを1%追加する等)事で回避できます。但し、CMYK全て100%(レジストレーション)にすると、汚れや乾燥不良などトラブルの原因となります。墨ノセ※ズレても白場が出ないケヌキ合わせ※ズレると白場が出でしまう9